leftfield

 leftfield your experimental field come up with us
 


2012/02«2012/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/04
     

野村ホールディングス (8604)
ポートフォリオへ追加 株価
東証1部(当社優先市場)
大証1部
PTS
PTS株価比較
対象eワラント
対象上場CW
株価
ニュース
チャート
評価レポート
四季報
株主優待
分析
コーポレートアクション

現在値 404 +4 (+1.00%)
現物買

現物売

信用買

信用売
モーニングスター企業評価レポート
作成日:2012年3月15日
野村ホールディングス (8604) 東証1部
レーティング★★★ [前回★★★] レーティングの定義について
アナリストリサーチ(IFIS調べ)
アナリストレーティング
コンセンサス
アナリスト連結業績予想(億円、円)
★★★★★
買い
1
平均 3★
最高 5★
最低 1★
決算期
12/3
13/3
★★★★
強気
0
経常利益(最高)
565
2,145
★★★
中立
4
経常利益(最低)
60
1,009
★★
弱気
0
一株利益(最高)
4.4
34.8

売り
1
一株利益(最低)
▲9.0
12.0
業績推移(億円、円、予想は会社予想)
決算期
連11/3
連12/3予
11/3
12/3予
売上高
13,855
-
2,199
-
経常利益
933
-
117
-
当期利益
287
-
▲151
-
一株利益
7.9
-
-
-
配当
連結BPS 562.8円
8.0
-
成長率(%、倍)
決算期
連11/3
連12/3予
11/3
12/3予
経常利益
▲11.4
-
▲59.9
-
PER
50.5
-
-
-
投資指標
3/14 株価
399円
52週高値
467円
52週安値
223円
1カ月騰落率
25.9 %
時価総額
14,839億円
発行済株数
37.2億株
連結ROE
1.4%
配当利回り
2.0%
連結PBR
0.7倍
株主資本比率
6.2%
投資ポイント
会社概要
国内最大の証券会社である野村証券を中核に野村アセットマネジメント、野村信託銀行など約20社のグループ企業からなる総合金融サービスグループ。グループは営業部門、アセット・マネジメント部門、ホールセール部門の3つの部門を中心に構成されている。営業部門では全国177の本支店をはじめ、コールセンターやインターネットでのサービスを通じて、個人や法人の顧客にさまざまな金融サービスを提供している。アセット・マネジメント部門は、グローバルな運用力と商品提供力をもとに、個人投資家向けの投資信託ビジネスと、機関投資家に対する投資顧問ビジネスを展開。ホールセール部門は、プロダクトのノウハウや各国個別マーケットに精通した知識を法人に提供している。(2012年3月14日更新)
業績動向
12年3月期第3四半期累計(11年4~12月)の連結業績は、収益合計1兆2,864億円(前年同期比26.1%増)、金融費用控除後収益合計1兆369億円(同24.7%増)、税引前最終利益242億円(同56.7%減)、最終損益105億円の赤字(前年同期は168億円の黒字)となった。第3四半期(10~12月)の業績については、営業部門では、投資家のリスク許容度が低下するなか、コンサルティング営業を推進したことで、収益は797億円(前四半期比5%減) と若干の減収にとどまった。税引前利益は101億円(同6%減)となった。アセット・マネジメント部門では運用資産残高の減少により収益は153億円(同4%減)と減少し、税引前利益も42億円(同10%減)となった。ホールセール部門では、収益1,762億円(同2.2倍)、税引前利益378億円となった。同部門では全地域および全ビジネスラインにおいて、前四半期比で大幅増収となった。最終損益は、法人税改正の影響により利益が133億円減少したことが響き、最終損失となった。
12年3月期の連結業績予想については、経済情勢や相場環境等に起因する不確実性が多いことから、公表していない。また、配当については、第2四半期末で4円を実施するが、期末配当については未定としている。(2012年3月14日更新)
トピックス
上海のプライベート・エクイティ・ファンドに出資
11年12月28日、中国上海に本拠を置くプライベート・エクイティ・ファンドの上海久有全興股権投資合夥企業に投資を行うことで合意したと発表した。投資に先立ち、同社はファンドの運用会社とともに、上海市から適格外国人有限責任組合員の認可を取得した。同社は有限責任組合員として、上海市を中心としておもにハイテク産業やバイオ・医療セクターに投資を行う上海久有股権投資基金管理合夥企業が運用する同ファンドに出資する。なお、適格外国人有限責任組合員は海外投資家に対して中国国内のプライベート・エクイティ・ファンドやベンチャー・キャピタルへの直接投資を認める制度であり、2011年より中国の主要都市で実験的に実施されている。日本の金融グループによる認可の取得は今回が初めて。(2012年3月14日更新)
リスクファクター
金融市場動向と景気動向に注意
同社は総合金融グループとして、多種多様な金融商品を扱っているため、金融市場の動向には注意が必要。特に、中核となる野村証券では有価証券などの市場関連商品が多く、株、債券、金利、為替などの変動により、業績に大きな影響が出るため、市場関連リスクに注意する必要がある。また、金融市場の動向を左右するのは、景気動向であるため、景気の動きにも注意を払う必要がある。(2012年3月14日更新)
投資判断
12年3月期第3四半期(11年10~12月)の連結業績では、ホールセール部門が全地域および全ビジネスラインにおいて前年同期比で大幅増収となったものの、営業部門およびアセット・マネジメント部門の業績が低迷。この結果、第3四半期累計の業績では、税引前利益は減益、最終損益は赤字転落となった。ただ、最終損益の赤字転落については法人税法改正によるところが大きい。また、株価は11年3月期の1株あたり株主資本(578.40円)を大きく下回っており、下値は限定的とみられる。投資判断は「中立」とする。(2012年3月14日更新)
スポンサーサイト

プロフィール

makryham

Author:makryham
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる